実践!相続マニュアル:相続に関する法知識・手続き・トラブル対策サイト
遺言書の書き方top
Top相続遺言遺留分Q&A

自筆証書遺言の書き方と注意点

特に証人を必要としないため、思い立ったら誰もがひとりで、いつでも好きなときに作ることができる、最も手軽で場所を選ばない遺言書が自筆証書遺言です。

しかし、その手軽さゆえに、偽造・改ざんなど、本当に遺言者本人が書き残したものであるかどうかを証明することが難しいという欠点も併せ持っています。

また、自筆証書遺言では、絶対に守らなければならない書き方(ルール)があり、その書き方に反する遺言は無効となってしまうので、この遺言方式を選んだ方は細心の注意が必要です。
チェック全文が遺言者の自筆であること!

用紙の種類(原稿用紙、便箋、メモ用紙など)やサイズ(A3・A4・B5など)については特に指定はありませんが、遺言の内容は必ず遺言者本人が自筆で行ってください。代筆やパソコンで作成した遺言は、たとえ押印がしてあっても無効です。なお、使用する文字については、漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字すべて有効です。

チェック作成日付を明確に記すこと!

作成年月日がはっきりしない遺言は無効(「○年○月吉日」等は×)です。必ず「○年○月○日」と日付を正確に明記してください。なお、内容の異なる遺言書が複数見つかった場合、最も日付が新しい遺言書(死亡日に近い方)が優先されます。

チェック遺言者本人が署名押印すること!

遺言者本人の署名押印がない遺言は無効です。必ず自筆で署名を行い押印をして下さい。遺言書に使用する印鑑の種類については実印・認印どちらでも構いませんが、できれば実印の方が確実です。ちなみに、印鑑については特に指定がないため拇印でも、一応有効とみなされますが、トラブルのもとにもなりやすいので、よっぽどのことがない限り拇印は避けた方がよさそうです。

チェック遺言内容を加筆修正等する際には、次の方式に従うこと!

一度作成した遺言内容を変更(加筆・訂正・削除)する場合、必ず民法で定めたルールに従わなければ、変更内容は無効となってしまいます。変更の仕方に不安のある方、あるいは訂正箇所が多い場合には、新たに書き直した方が安全かもしれません。
加筆方法
加筆箇所に〝{ 〟を書き足し加筆内容を付け加え、さらに訂正箇所に押印する。次に、遺言書の欄外(または末尾)に「○○行目○○字加筆」と記し、署名する。
訂正方法
訂正イメージ訂正箇所を二重線などで消し(元の文字が判別できなくなるような塗りつぶしは×)、さらに訂正箇所に押印する。次に、遺言書の欄外(または末尾)に「○○行目『○○○(3文字)』を『○○(2文字)』に訂正」と記し、署名する。
削除方法
訂正箇所を二重線などで消し(元の文字が判別できないような塗りつぶしは×)、さらに訂正箇所に押印する。次に遺言書の欄外(または末尾)に「○○行目『○○○(3文字)』削除」と記し、署名する。
チェック遺言書が複数(2枚以上)にわたる場合、契印を押すこと!

法律上の定めはないため無効になるわけでありませんが、遺言が1枚ではまとまらず複数(2枚以上)にわたる時は、用紙と用紙の間に署名押印の際に使用する印鑑で契印を押すのが一般的です。

チェック同一の遺言書に複数の遺言者の意思は残せない!

たとえ夫婦であっても、遺言書は別々に作成しなければなりません。つまり、夫婦が同一の遺言書に共同して遺言を残すことは出来ないということです。

 遺言書サンプル
遺言書※1


遺言者 山田太郎は、本遺言書に次のとおり遺言する。


1.以下に示す○○協会に現金壱千萬円※2万円を遺贈する。※3
                    壱千五百 ※4

       東京都○○区○○丁目○号○番地
                財団法人 ○○協会

 2.残りの財産については、遺言者の長男 山田一郎、長女 山田花子に、2分の1ずつ相続させる。

 3.本遺言の遺言執行者として、次の者を指定する。

   住所 東京都港区○○丁目○号○番地
              弁護士 田中雅史

   平成○年○月○日※5
                      埼玉県○○区○○丁目○号○番地
                              遺言者 山田太郎 ※4

  本遺言書3行目「壱千(2字)」を「壱千五百(4字)」に訂正
                               山田太郎
※1:タイトルに遺言書と書かなければならない規定はありませんが、遺言であることを明確にするため「遺言(書 or 状)」と記した方が無難。
※2:訂正箇所を塗りつぶしたり、修正液を使って元の字を隠してしまう行為は厳禁です。
※3:個々の相続人に特定の財産を譲る場合、曖昧な記述は避けましょう。
※4:実印、認印どちらでも構いませんが、訂正する箇所等に使用する印鑑には署名押印の際に使用した印鑑を使ってください。
※5:作成日付は必ず年月日を正確に記載してください。(平成28年4月吉日 →×、平成28年4月 →×)





秘密証書遺言の書き方と注意点

秘密証書遺言は、自筆証書遺言と公正証書遺言のちょうど中間に位置する遺言書といえます。

被相続人が作成した遺言を封筒などに入れ密封した後、その封書を公証役場に提出し、公証人と証人2名の立会いのもと、遺言書の存在を明らかにする制度です。

遺言書の書き方については、自筆証書遺言のルールとほぼ大差ありませんが、いくつか異なる点があるので下記にまとめておきます。
チェック署名以外は自筆でなくてもよい!

自筆証書遺言とは異なり、全文を自筆で作成する必要はありません。署名以外の内容については、パソコンやワープロを使用したものでも構いません。ただし、署名については必ず自筆で行ってください。なお、公証人が証書提出日付を封書に書くため、遺言書の作成年月日は必ずしも必要ではありません。

チェック作成した遺言書は封に入れ密封、その後、印を押す!

作成した遺言書は封筒などに入れ密封し、その後、証書に用いた印鑑を押して封印して下さい。
上記以外のルールについては、先に述べた自筆証書遺言のルールに従って作成することになります。

なお、秘密証書遺言の最終的な手続きは公証役場で行いますが、遺言書は密封されているため、公証人は遺言内容を確認することはできません。

したがって、遺言内容によっては形式不備や無効箇所により、遺言の効力が否定されてしまうリスクがあるということを肝に銘じておいて下さい。

秘密証書遺言は他の遺言方式に比べ、あまり利用されていない遺言方式ですが、このような制度もあるということを押えておきましょう。




公正証書遺言の書き方と注意点

もっとも安全かつ確実な遺言書が、この公正証書遺言です。

遺言書の書き方については、法律のプロである公証人が作成するため、公証人の支持やアドバイスに従えば特に問題ありません。

なお、公正証書遺言の詳細についてはこちらをご覧下さい。
矢印知らなきゃマズイ!公正証書遺言の常識